1位アナリスター 加太 240

 

アナリスター 加太 240

 

コスパは上等だし、使い勝手が細部にわたって吟味されていて、この船釣りで今まで使ってきた船竿の良い所だけを集約したような船竿です。

 

最もスタンダードなスタイルなのでパット見、何の変哲もない船竿です。

 

竿受けに固定して使うより、手巻きで巻き続けて仕掛けを上下するこの釣りでこの竿の持つ、軽量性とバランス、手巻き両軸リールとの融合感はピカイチです。

 

大物が釣れた時、獲物の事を考えて、ついついタックルを荒くあしらってしまっても、タフなロッドなのでほっとした事が何度かあります。

 

(使いやすい) × (耐久性能) × (コスパ) = (大物天然真鯛大漁) の方程式に、寄り添ってくれる船竿です。

 

アナリスター 加太 240はこちら

 

2位アナリスター 加太食わせ 240

 

 

アナリスター 加太食わせ 240

 

上図のアナリスター 加太 240 の進化版。

 

見かけは細身で一層のスリム化を図った印象です。アナリスター加太の血統はそのままで、穂先の感度が上昇しているのが実感できます。

 

確かに獲物が食い渋るときに、釣果が望めるスタイルに仕上がっているというイメージだし、経験したので体感しています。

 

当初はその細身さ故に、丁寧に扱っていましたが、アナリスター加太 240とそん色のない荒々しいタスクもこなしてくれます。

 

なので今では、釣り味の違いを楽しむために、アナリスター加太 240とセットで乗船しています。

 

両方とも汎用性の高い船竿なので、手巻き両軸リールで挑む船釣りでは結構、重宝しています。

 

アナリスター 加太食わせ 240はこちら

 

3位アルファ ソニック 加太真鯛 220

 

 

アルファタックル(alpha tackle) アルファ ソニック 加太真鯛 220 関西の船釣りで釣れる 竿とリール

 

アルファタックルは、加太の釣りに特化したロッドを数種リリースしています。

 

管理人は、アルファタックルのロッドに二次的なタスクを要求してきました。

 

つまり、本チャンのタックルが何らの理由で、使用不能になった時の保険として、帯同していたロッドです。

 

価格帯はダイワのアナリスター加太シリーズと同じです。その操作感も同等です。

 

なのでハッキリ言って、デザインの選択指の一つという事で、このロッドをおすすめしました。

 

アルファタックル(alpha tackle) アルファ ソニック 加太真鯛 220はこちら

 

関西の船釣りで釣れる船竿とリール アングラー

関西の船釣りで釣れる 竿とリール ドレミファ そ ヤンケ アングラー

プロフィール

関西在住

船釣り・礒釣り・波止釣り大好き

音楽はウェザーリポートパットメセニー・グループ、TOTO、レッド・ツェッペリン、T-レックス、クィーン世代。

偏食気味の音楽を背負って船釣り行き。

でも近場の船釣りは、スクーターで・・・
(^◇^)

刺身は熟成派。寝かせた方が美味い派。

ちなみに、スマ・サバ・キンムロは釣った日が美味。

音楽も、寝かせても良いモノは良い派。

早朝のAMラジオ的な浪曲や太棹・義太夫、地方の民謡にも通じる音は、好き。

 

 

七福神ファクタリング