1位 おすすめ 両軸リール
        オシアコンクエスト200PG

オシアコンクエスト200PGはこちら

 

加太の高仕掛けで天然マダイ60cmオーバーを幾度となく、釣り上げさせてもらっています。

 

ゲストの70cmオーバーのメジロも楽勝で上がります。

 

PEは3号、高仕掛けのフロロカーボンは4号。

 

大漁に恵まれた時は、両腕に乳酸がタップリ溜まって、帰路のハンドルが重く感じます。

 

こうなると、船釣りも修行・・・?

 

このリールの巻き心地は、春アオリイカの逆噴射にも心地よい操作感を体感させてくれて、その他の色々な釣り船でもついつい、酷使してしまいます。

 

日頃のメンテも真水で洗い流して、陰干しする程度。

 

タフでいつでも軽快な巻き心地が、ゲームを一層たのしませてくれます。

 

ドラグを鳴らしてくれる大物がヒットすれば、周囲が見えなくなるくらいに獲物とのやりとりを思う存分、堪能させてくれます。

 

マァー、ゲーム性の高い、確実な捕獲を約束してくれる、あまいアングラーたるこのサイトの管理人には、当分の間は手放せない両軸リールの名器だと言えます。

 

オシアコンクエスト200PGはこちら

2位 おすすめ 両軸リール
        オシアコンクエスト300HG

オシアコンクエスト300HGはこちら

オシアコンクエスト200PGの兄貴分的なベイトリール。

 

HGとはハイギア。一巻きで回収できる道糸が多く巻けるという事です。

 

PGは巻く時のパワーがあるパワーギアという事です。

 

オシアコンクエスト200PGはダブルハンドルで300HGはシングルです。

 

兄弟で活躍してもらっています。

 

微妙な性能差を味わいたくて手に入れました。

 

活躍の場をそれぞれで分担してもらう発想です。

 

甲乙つけがたい兄弟のベイトリール。

 

オシアコンクエスト300HGはこちら

3位 おすすめ 両軸リール カルカッタ800F

カルカッタ800F

両軸リールではこのサイズをもってPE5号を巻いて、主にマダコをおっかけています。

 

往年ののカルカッタシリーズなので、シマノの実績が詰まったベイトリールだと言えます。

 

両軸リールの機能が、シンプルに収められたタックル。

 

余分な装備は何一つ配しておらず、リールを巻いて獲物を上げる寡黙な働き者の印象です。

 

思えばこのリールはホボホボ、タコ担当なリールになっています(>_<)

 

機を見て大物を釣り上げてみたいリールです。

 

カルカッタ800Fはこちら

 

関西の船釣りで釣れる船竿とリール アングラー

関西の船釣りで釣れる 竿とリール ドレミファ そ ヤンケ アングラー

プロフィール

関西在住

船釣り・礒釣り・波止釣り大好き

音楽はウェザーリポートパットメセニー・グループ、TOTO、レッド・ツェッペリン、T-レックス、クィーン世代。

偏食気味の音楽を背負って船釣り行き。

でも近場の船釣りは、スクーターで・・・
(^◇^)

刺身は熟成派。寝かせた方が美味い派。

ちなみに、スマ・サバ・キンムロは釣った日が美味。

音楽も、寝かせても良いモノは良い派。

早朝のAMラジオ的な浪曲や太棹・義太夫、地方の民謡にも通じる音は、好き。

 

 

七福神ファクタリング