1位 おすすめ先調子船竿 ヒラメ・アコウ・春ア
         オリイカ

 

 

極鋭ヒラメ EX AGS MH-245 関西の船釣りで釣れる 竿とリール

 

ヒラメやアコウを筆頭にアタリの微妙な春アオリイカを活き餌で、仕留める先調子の船竿です。

 

金属穂先の鋭敏さにホレボレする、イチオシの船竿なのです。

 

海中の情報量は、この穂先とガイドで他の先調子の竿では、到達しえない感度をコノ船竿は、持っています。

 

管理人はこの竿でまるで、名人クラスの腕を船釣りの神から授けられたかのような釣果に何度も、酔いしれました(^◇^)

 

それは大きな錯覚で実は、このロッドが持っているパフォーマンスでした。

 

誰でも簡単に釣らせてくれる、かなり高次元でセッティングされた機能を持っているロッドだと言えます。

 

高感度・軽量・堅牢、どれを取ってみても今までに味わえなかった体感を幾度も経験しています。

 

この竿の弱点は、温度。零度以下になるとその性能は劣化します。

 

しかしながら、その様な環境下の釣りを管理者は未だ経験していません。

 

極鋭ヒラメ EX AGS MH-245はこちら

 

2位 おすすめ先調子船竿 オニカサゴ・鉄仮面

 

 

極鋭 中深場 M-205 AGS 関西の船釣りで釣れる 竿とリール

 

熊野灘の沖、中深場でのオニカサゴ釣りからイサキやアジのビシ釣りなら、このロッドがおすすめです。

 

短めの長さとダイワ独特の鋭敏かつ堅牢な穂先が、着々とタスクをこなしてくれる印象の竿です。

 

上述の 極鋭ヒラメ EX AGS MH-245 のサブの船竿としても活用しています。

 

何かと頼りになる先調子の船竿です。

 

極鋭 中深場 M‐205 AGSはこちら

 

3位手持ちで楽しむ先調子の船竿 タチウオ

 

 

 

このロッドは、手持ちで楽しむことが主眼の短めの先調子ロッドなので、ゲーム性を楽しむ時に愛用しています。

 

電動リールも装着可能で、ダイワシーボーグ300クラスシリーズやシマノフォースマスターシ1000リーズも使用可能です。

 

仕掛けが、活き餌やエギ、スッテなどの軽量なモノならゲーム性のある船釣りが楽しめます。

 

テンヤタチウオでは大いに頑張ってもらっている先調子のロッドです。

 

極鋭ゲーム 73MH‐175 AGSはこちら

 

関西の船釣りで釣れる船竿とリール アングラー

関西の船釣りで釣れる 竿とリール ドレミファ そ ヤンケ アングラー

プロフィール

関西在住

船釣り・礒釣り・波止釣り大好き

音楽はウェザーリポートパットメセニー・グループ、TOTO、レッド・ツェッペリン、T-レックス、クィーン世代。

偏食気味の音楽を背負って船釣り行き。

でも近場の船釣りは、スクーターで・・・
(^◇^)

刺身は熟成派。寝かせた方が美味い派。

ちなみに、スマ・サバ・キンムロは釣った日が美味。

音楽も、寝かせても良いモノは良い派。

早朝のAMラジオ的な浪曲や太棹・義太夫、地方の民謡にも通じる音は、好き。

 

 

七福神ファクタリング