目次

●船竿

●リール 

●京都・福井方面の船釣り釣果

●瀬戸内海・大阪湾岸沿いの船釣り釣果

●和歌山・三重方面の船釣り釣果

●船釣りの仕掛け

●船釣り 時期

●おすすめ電動リール

●おすすめベイトリール

●おすすめ スピニングリール

●おすすめ 船竿 コマセ釣り

●おすすめ 船竿 先調子

●おすすめ 加太真鯛 専用ロッド

●おすすめ 秋アオリイカ 短竿

●おすすめ タコ釣り 船竿

●おすすめ メバル 船竿

 

 

関西の船釣り:船竿とリールのセット考

 

関西方面では、日本海側と太平洋側、そして瀬戸内海で船釣りが楽しめます。

 

この三つの海での船釣りでは、色々な美味しい魚が釣れています。

 

船釣りの楽しみ方にも色々な楽しみ方が、あります。

 

言ってみれば、釣り船で釣りを楽しむのなら、関西は全国の中でも魚種の豊富さや、釣りの楽しみ方が色々とあるところ、と言えるでしょう。

 

例えば明石・鳴門では真鯛やタコが美味しいし、タチウオやメバルもことのほか楽しませてくれたり、ジギングで青物を追っかけたり・・・。

 

和歌山・三重方面では黒潮の恵みで、シマアジやクエ、オニカサゴやヒラメを筆頭にアオリイカや大物の魚も夢ではないポイントがたくさんあります。

 

紀淡海峡 船釣り 情景 関西の船釣りで釣れる 竿とリール

 

日本海側では、ヒラマサやアコウ(キジハタ)、剣先イカに、タルイカなどが狙えたり、アマダイにマダラだって釣れる時期があります。

 

船釣りアングラーにとって関西での船釣りは、まさしく恵まれた場所だと言えます。

 

大阪を中心として、どの方面にも日帰りでの釣り行きも可能で、タップリ一日を船釣りで愉しめるのも、ありがたいところなのです。

 

その地(海)その地(海)で釣れる魚には同じ魚でも、多少の個性があって特に真鯛なら全国的にも有名でしょう。

 

そんな船釣りを楽しめるのが、関西の船釣りの特徴だと思うのです。

 

関西方面 地図 イラスト 関西の船釣りで釣れる 竿とリール

 

関西船釣りタックルの特殊解:誰でも釣れる船竿とリール

 

船釣りを趣味とする皆様なら、すでにお気に入りのタックルセット・システムが、ある方々も結構おられる事でしょう。

 

このサイトでは、誠に勝手ながら管理人の独断と偏見(?)で、勝手気ままな発想で船竿とリールの考察をツラツラ、タラタラと書いてまいります。

 

とはいえ、結構美味しい思いをさせてもらったし、楽しい思いもさせて頂きました。

 

なので、語らずにはいられない船竿とリールのお話です。

 

狙った獲物は全て釣らせてもらったし、今まで知らなかった味や、喰いたかった獲物を釣らせてくれて、美食も果たせたタックルなので、一つのご参考までに、コンナ釣り方でも船釣りは楽しめるという、一つのお話だと思って読んで下されば幸いです。

 

船釣りアングラーとして、決して自慢できる腕前でもないのに、狙った獲物を釣らせてくれたタックルです。

 

なのでこれから船釣りを楽しんでみたい皆様には、きっと参考になる事でしょう。

 

だって、そんな釣り人の一人が、このサイトの管理人だから・・・。

 

ここで紹介しているタックルは、釣り人に魚の釣り方を教えてくれて、物言わず訴えかけてくれるグッズでもありす。

 

船釣り 情景 関西の船釣りで釣れる 竿とリール

 

始めのうちは釣らせてくれるタックルという印象でしたが、使い慣れてくると使い方で釣果が変わる事も教えてくれます。

 

手の馴染みが早く、身体がタックルに慣れて来れば、名人にでもなった気分にさせてくれたりも・・・?

 

かといって毎日大漁というわけにはまいりませんが、釣らせてくれないタックルも無いとはいえない世知辛い世の中。

 

釣らせてくれるタックルには、愛着がわくのは人情というものでしょう。

 

さらに色々なテクニックや楽しみ方も教えてくれて、中々のスグレモノたちばかりなのが、少々自慢です。

 

要は良いタックルとは釣りのゲーム性とか、釣り人の想像力の引き出しを沢山作ってくれたりして、船釣りのトリコにさせる魔力(?)を感じさせてくれるモノだとも言えるのではないでしょうか?

 

なので船釣り初心者でも、好い思いをさせてくれてる、船竿とリールの話という事にもなります。

 

虹 国崎沖 ヒラメ 船釣り 関西の船釣りで釣れる 竿とリール

 

では早速本題に入ります。

 

暴露:タックルへの特異解 

 

管理人の基本的発想、先ずはロッドの件。

 

圧倒的にダイワ社製が気に入りました。

 

そして、リールシマノ社製が、最高にお気に入りという結果になりました。

 

・・・これってまさしく独断と偏見です(>_<)

 

幸いにも、この組み合わせは可能なので助かります。

 

メーカーはその辺りをシンシャクしてか、幸いにも互換できるように製品を開発してくれています。

 

ある意味、当然なのかもしれませんがこれは、船釣りを楽しむ者には幸いな事です。

 

おかげさまで、色々な釣り場で、様々な釣り味を経験させてもらい、美食まで経験させてもらっているワケなのです。

 

という事で以降、詳細にわたって三つの海で愉しませてくれている船竿とリールのお話をツラツラとお話してまいります。

 

 

さて上述の回答を出したワケは、ダイワのロッドにはガイドや穂先にまでこだわった技術が現場で如実に実感できたから。

 

それは具体的な例を挙げれば、極鋭シリーズのメタルトップ穂先とAGSガイドシステムの性能があげられます。

 

メタルトップは穂先の鋭敏さを手元にも目視的にもハッキリ伝わって来ます。

 

もう一つAGSガイドは、海中のソナー精度が驚く程、感じ取れました。

 

更にダイワのロッドの色々なシリーズは、分かりやすいカテでリリースされているので、結構気に入ってしまいました。

 

中でもリーズナブルなアナリスタシリーズなどでは、タフで扱いやすい選びやすいのが魅力の一つで、何よりお得感のある船竿の印象が強かった。

 

とはいえ、ムーチングロッドのグラス繊維タイプはシマノの舳(みよし)が最もスタンダードなイメージだったので愛用しています。

 

他方、リールがシマノ派なのは、ダントツの巻き心地と、ドラグから道糸が放出される時の機械音などの演出が、刺激的な印象というのが釣り人の一人であるこのサイトの管理人の心をくすぐりました。

 

スピニングリールも軽量かつ剛性な実感が見事にデザインされていて、スプールの交換はダイワの方がリードしている印象なのだけれど、全体としてのバランス感覚が個人的には、馴染みやすくてタフで扱いやすい印象だし、使い心地もトリコになってしまいました。

 

機械的あるいはそのメカニズムが堅牢な躯体の中で、確実に作動しているイメージが手元に伝わって来て、その使い心地や反応に、釣りする楽しさの新たなヒラメキを感じたりさせてくれます。

 

ちなみにダイワのシーボーグシリーズも素晴らしい電動リールで、シマノのフォースマスターシリーズと共に愛用しています。

 

商品名 関西の船釣りで釣れる 竿とリール 熊野灘海上の朝日

 

 

 

お気に入り動画

PE1.5号 シマノ3000番のスピニングリールで、上がった30㎏以上のハタの動画。

ウ~ンさすがにテッチャン(m(_ _)m)、高橋哲也さん。

神技フィッシング。

世界一、魅せるプロ・アングラー。

マハタの画像をクリックしてください

 

 

関西の船釣りで釣れる船竿とリール アングラー

関西の船釣りで釣れる 竿とリール ドレミファ そ ヤンケ アングラー

プロフィール

関西在住

船釣り・礒釣り・波止釣り大好き

音楽はウェザーリポートパットメセニー・グループ、TOTO、レッド・ツェッペリン、T-レックス、クィーン世代。

偏食気味の音楽を背負って船釣り行き。

でも近場の船釣りは、スクーターで・・・
(^◇^)

刺身は熟成派。寝かせた方が美味い派。

ちなみに、スマ・サバ・キンムロは釣った日が美味。

音楽も、寝かせても良いモノは良い派。

早朝のAMラジオ的な浪曲や太棹・義太夫、地方の民謡にも通じる音は、好き。

 

 

七福神ファクタリング